前へ
次へ

使わない土地は土地活用で活性化と収入

遺産相続で土地を相続する方も多いなか、折角貰った土地だけれど、小さすぎて家が建たない、とか資金がなくてどうにも何をしていいかわからず、土地をそのまま放置しているのを見受ける事があります。
放置していても毎年固定資産税は請求されますから、これは損です。
少しでも折角の土地を生かすには、土地活用が大切です。
ではどうすればよいのでしょう。
例えばある程度の面積があり、繁華街などにあるならば、店を建てて貸す、という方法もありますが、それには資金もかかります。
余り資金を掛けずに、ということならば、簡単に設置できる駐車場やコインパーキングがよいかもしれません。
地域の活性化にもつながりますし、人の役にも経ちます。
また一旦駐車場を作ったら、後の管理は土地管理会社が行ってくれる場合もありますから家賃収入だけが入ってくるという左団扇が可能かもしれません。
また駐車場ほどのスペースがない場合は自動販売機を設置する用地として貸し出す事も可能です。
こちらも管理会社の方でメンテナンスや環境美化に気を配ってくれますから土地オーナーは有効に不動産を土地活用できるというわけです。

Page Top