前へ
次へ

土地活用として賃貸物件を作る

土地活用で賃貸事業を行おうとするのは良いのですが基本的に20年とか30年といった長期のスパンで考えなければならないことになります。
賃貸住宅を土地活用の一つとして行う場合においては税務上の耐用年数などをよく考えた上で節税効果なども期待してやると良いでしょう。
所有する土地を活用するのは良いのですが賃貸住宅がどこでも立てられるというわけではありませんし、どこでも需要があるというわけでもないです。
そもそも自分の土地であるからと言って自由に建てることができるというわけではなく開発許可とか建築許可を取らないといけない場合もあります。
土地の現状とか立地、その他諸条件というのを確認した上で、どのような賃貸物件を作ろうとするのかというのを規模の面からも考えてリスクをできるだけ低く捉えるようにしましょう。
とにかく作れば土地活用になるというわけではありませんので、その点は勘違いしないようにしたほうがよいでしょう。

Page Top